【終了】アディクション臨床研修会 トラウマ・センシティブ・ヨガの可能性

アディクション臨床オンライン研修会 トラウマ・センシティブ・ヨガの可能性

皆さんの臨床現場で、過食、インターネット、SNS、ギャンブル、お酒や薬物がやめられない方はいませんか?

苦手意識を持つ方が多いアディクション臨床について扱うのがアディクション臨床オンライン研修会です。

今回は、トラウマへの支援にヨガなど体に意識を向けて動かす・・トラウマ・センシティブ・ヨガの観点からお伝えしていきます。

トラウマ・センシティブ・ヨガ(Trauma Center Trauma-Sensitive Yoga:TCTSY)は、アメリカ・ブルックラインのTrauma Centerで開発された。TCTSYは、Center for Trauma and Embodiment at Justice Resource Instituteのプログラムです。

正式なTSTSYのプログラムは、300時間のトレーニングを受けたファシリテーターのみが教えることができます。TCTSYは、複雑性トラウマあるいは、治療抵抗性のPTSDにも有効であったことが実証されています。

デービッド・エマーソンらにより作成され、ヴァン・デア・コルクらによって実践研究がなされてきています。
https://www.traumasensitiveyoga.com/about

小林は、Center for Trauma and Embodiment at Justice Resource Institute開催の20時間のトラウマセンシティブヨガのトレーニングを終了いたしましたので、TSTCYの基本的な考え方や要素を支援に取り入れています。

トラウマ・センシティブ・ヨガの考え方を用いたアディクション・トラウマを持つかたへの支援について講義・実習形式でお伝えします。

参考文献
トラウマをヨーガで克服する デイヴィッド・エマーソン エリザベス・ホッパー 紀伊国屋書店

”すべてのトラウマに共通する名称が「体からの阻害と断絶」であり「今ここにある」ことのできる能力の低下であるなら、トラウマ治療にヨガが有効であることは何ら驚くに当たらない”
ーピーター・ラビーンー トラウンとヨーガで克服する まえがきより

 

 

関連記事

【受講した講座】トラウマ・センシティブ・ヨガのトレーニングを受講しました

note関連記事

https://note.com/mindful_therapy/n/nb9c169a76bdc