【瞑想】衝動や不安に対処できるようなる〜SOBER呼吸法(切れない瞑想)〜

こんばんは〜

新型コロナウイルスにより家にこもりがちなことが多くストレスが溜まりますよね。

そして、先行き不安や、仕事、教育への不安などいろいろなことを抱えて疲れが溜まっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

マインドフルネスの色々なインフォーマルな練習では、日々の生活の中でストレスを感じた時に試していただける、ミニ瞑想、ミニメディテーションがたくさんあります。

その中でも、MBRP(アディクション・依存症へのマインドフルネス)のプログラムでも使用されている、SOBER呼吸法をご紹介いたします。

SOBERとは、英語でしらふという意味です。

Photo of aggressive or irritated man screaming on camera and raising hands to face isolated over yellow background

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOBER呼吸法のやり方

 

SOBER呼吸法は、どんな時でも、どこかで並んでいる時でも、家の中でイライラした時でも、お酒が飲みたくなった時でも、やめていたタバコを吸いたくなった時、子どもに怒鳴りそうになったとき、そんな時に、一息ついて、気づきを向けてから、冷静に対応できるようになるミニ瞑想です。

本当に危機的な状態になる前に、日々練習をしておくと、本当にストレスな時にスムーズに使用できるようになっています。

例:子どもが部屋を片付けなくてイライラする!怒鳴りたい・・

ストレス解消ができず、パチンコにでも行きたい。

タバコをやめているが、ストレスがたまると吸いたくなる時があるなどなど

ふとよくない悪習慣で解決したい!という衝動が、頭をもたげたとき・・・SOBER呼吸法〜切れない瞑想〜は効果があります。

そんな時、以下のプロセスで瞑想をします。

 

 

 

音声録音もしましたので、合わせてご利用ください。

日々の生活で使えるようになるためには、練習が必要です。

MBRPでは、繰り返し8週間かけてこのSOBER呼吸法や、他の正式瞑想を日々の生活に取り入れられるようになり、

自動運転モード的に反応して、切れてしまったり、衝動的な発散をしてしまうのではなく、一息いれて、落ち着いた対応を取れるようになる練習をしていきます。

米国依存症回復プログラムMBRPとは

次回はオンラインでの開催を5月以降を予定しています。

 

参考文献:マインドフルネスに基づく嗜癖行動の再発予防 日本評論社