マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、「今、この瞬間に、意図的に、判断せず、気づきを向けること」(カバットジン )です。

今をより確かにいきるための、方法であり、心理的な苦しみから自由になるための方法の一つです。

具体的には、呼吸、歩行、身体等に気づきを向ける、マインドフルネスを実践します。

各種の科学的な研究において、マインドフルネスがうつや不安、慢性疼痛、依存症などの心身の健康に対して良い影響を与えることが示されています。

また、集中力・協調性も高まるため、仕事にも役立ちます。グーグル社などでは、社内研修で瞑想が用いられています。

マインドフルネスの概念自体は非常にシンプルですが、実践するのは簡単ではありません。そのため、私たち専門家がお手伝いします。